ましもと内科呼吸器科

山口市湯田温泉の呼吸器内科、内科、アレルギー科 ましもと内科呼吸器科

〒753-0056 山口県山口市湯田温泉三丁目1番24号
TEL 083-934-0077

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

当院のご案内

当院の診療方針

 当院でできない検査、専門外の病気、より高度な医療が必要な場合には病診連携のもと積極的に他病院・診療所を紹介しています。

当院の診療方針

 

診療科目

呼吸器内科、内科、アレルギー科

 

受付時間

受付時間
8:45~12:00
14:00~17:45

【休診日】木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
△・・・8時45分~13時00分

午前中は混雑することも多いので、
急を要しない方は午後からの受診をお勧めします。

 喘息、かぜ、インフルエンザ、花粉症の患者さんが多い10月から4月頃までの季節は混雑する場合があります。
 特に、≪月曜日、休日明け、金曜日、土曜日≫の午前中はお待ちいただくかもしれません。

 

胸部CT検査

 16列のヘリカルCT(日立 Supria)を平成26年8月より導入しました。より短時間に、より高画質のCTをご提供できます。
 普通の胸部X線写真でわからないような早期肺癌やCOPD(肺気腫)がCT検査で見つかることがあります。
 CTの検査料は4,410円です(3割負担で)。

 

呼気NO(一酸化窒素)検査

 一定の速度で10秒ほどかけて息を吐きだすことで測定できる簡単な検査です。
 一般に気管支喘息で呼気中のNO(一酸化窒素)値が上昇します。気管支喘息の診断は簡単なようで、診断に苦慮することもあります。この検査は喘息の補助診断として、有用な検査です。
 また、気管支喘息の治療に伴って、呼気NO値が低下しますので、喘息コントロールの目安になります。
 咳が止まらないと受診される方は多いのですが、その中に咳喘息という病気があります。咳喘息とは、ぜーぜー、ひゅーひゅーなどの症状がなく、咳しか認めない喘息の一種ですが、呼気NO値の上昇を確認することで、的確な診断ができるようになりました。
 この呼気NO検査は3割負担で720円です。


 

「呼気no」の画像検索結果

 

感染症を自動迅速診断できる「富士ドライケムイムノAG1

 当院ではこの装置でインフルエンザとマイコプラズマの診断を行っています。
 鼻腔粘膜や咽頭粘膜を綿棒で拭った検体を用いて、15分以内に高精度に陽性・陰性が判定できます。
 
この装置は、
現像の技術で、病原体に目印としてつけた銀イオンを従来の目印の約100倍大きくし、病原体を検出しやすくしたのが特徴です。
 また、機械が自動判定しますので、
目視による誤診が防止できます。


 インフルエンザ検査は3割負担で890円です。
 マイコプラズマ検査は3割負担で900円です。

   
従来の検査キットと金銭的負担は変わりません。



 



 
 

 

特色とする治療法など

 患者さん一人一人に合った、吸入中心〈吸入ステロイド)の喘息治療をしています。喘息は急に発作が出現することがあるため、自己管理が重要です。
 そのために喘息の病態や吸入法、発作時の対応などを納得いくまで説明します。